headerbar
事業部

宇都宮美術館友の会 =事業部=のご案内

主な活動内容

美術鑑賞旅行の企画
クリスマス会の開催 など

活動報告

「新春のつどい」(平成29年1月22日)

 宇都宮美術館友の会主催の「新春のつどい」が1月22日(日)に館内のレストラン「ジョワ・デ・サンス」で開かれました。例年は「アートの森・クリスマスの夕べ」を12月に開催していましたが、美術館がメンテナンス休館中だったため、1月に「新春のつどい」として「和久文子と邦楽ゾリスデン~智世代~」の皆さまにご出演していただきました。約50分の間に琴と尺八のコラボで、宮城道雄作曲の「春の海」や八橋検校作曲の「六段の調」などの曲を演奏していただきました。特に「六段の調べ」では日本の風や波、紅葉した山々、桜吹雪など情景を思い浮かべて聴くと曲の良さが分かるとアドバイスを受けていましたので良さが倍増しました。日本の曲では「雪の降る町を」、そしてTV番組「笑点」のテーマ曲では小道具を使いながらの演奏に来場者の方々は抱腹絶倒、アンコール演奏もしていただき、生演奏の素晴らしさを再認識しました。   (事業部長 石塚 豊)

和久文子と邦楽ゾリスデン~智(ち)世代(せだい)~

 

第20回春の美術館めぐり(平成29年7月12日)

 朝6時40分、友の会の皆様と東京の美術館へバスの旅が始まりました。美術探索の意欲のある方との楽しい旅。まずは江戸東京博物館へ、両国国技館の隣にあり、井伊直虎の生涯を軸に、像、兜、刀、など貴重な古美術品の展示に江戸の雰囲気を感じました。次に町田市立国際版画美術館へ、ヨーロッパの戦争歴が刻まれた銅版画、時代を代表する3人の作者(カロ、ゴヤ、ディックス)は、時代ごとに美術の表現方法も違い、心に強く訴えるものがあります。作者の本心は、戦争の悲惨さを訴えているのでしょうか。最後に神代植物公園(深大寺)へ、緑深い周辺の中で今年の3月に国宝指定された釈迦如来も拝観できました。ナンジャモンジャの樹も、深代そば店も見ることができました。バスの案内、ゲームなど、心温まり大変楽しい旅でした。 
 (友の会会員 矢口貞夫様 記 )

江戸東京博物館前 町田市立国際版画美術館前