headerbar
事業部

宇都宮美術館友の会 =事業部=のご案内

主な活動内容

美術鑑賞旅行の企画
クリスマス会の開催 など

活動報告

「新春のつどい」(平成29年1月22日)

 宇都宮美術館友の会主催の「新春のつどい」が1月22日(日)に館内のレストラン「ジョワ・デ・サンス」で開かれました。例年は「アートの森・クリスマスの夕べ」を12月に開催していましたが、美術館がメンテナンス休館中だったため、1月に「新春のつどい」として「和久文子と邦楽ゾリスデン~智世代~」の皆さまにご出演していただきました。約50分の間に琴と尺八のコラボで、宮城道雄作曲の「春の海」や八橋検校作曲の「六段の調」などの曲を演奏していただきました。特に「六段の調べ」では日本の風や波、紅葉した山々、桜吹雪など情景を思い浮かべて聴くと曲の良さが分かるとアドバイスを受けていましたので良さが倍増しました。日本の曲では「雪の降る町を」、そしてTV番組「笑点」のテーマ曲では小道具を使いながらの演奏に来場者の方々は抱腹絶倒、アンコール演奏もしていただき、生演奏の素晴らしさを再認識しました。   (事業部長 石塚 豊)

和久文子と邦楽ゾリスデン~智(ち)世代(せだい)~

 

第18回春の美術館めぐり(平成28年6月7日)

 小雨ふる早朝、バス2台で一路長野に向けて出発。上田城に着く頃には天気も回復しました。上田城は天正11年真田昌幸が築城し、次に上田藩主となった仙石忠政により復興されました。城跡公園の近くには、現在NHKで放送中の大河ドラマ「真田丸」の世界を楽しめる「大河ドラマ館」があり、ドラマのストーリーに沿ってセットや衣装、甲冑などの展示を見て大河ドラマの世界を楽しむことができました。昼食後、「無言館」(戦没画学生慰霊美術館)、「信濃デッサン館」を見学。館内の中央へ行くとガラスのショーケースがあり、戦地から母へあてた手紙、色あせた写真など様々な遺品がありました。館内の光を抑えた中で、ハンカチで目頭を押さえる女性もいて、胸に込み上げるものがありました。
 最後の見学先は佐久市立近代美術館。ご当地出身の故・油井一二氏が集めた400点にのぼる作品は見ごたえ十分。「収蔵品展 祝 山の日 美術館で山歩き」と題された企画展は、8月11日が山の日に制定されたことを祝して開催されたもの。豊かな恵みをもたらす山々の絵に心が洗われました。  (事業部 石塚)

佐久市立近代美術館前(1号車) 上田城跡公園・大河ドラマ館(2号車)