年間スケジュール

べルギー 奇想の系譜展

2017年3月19日[日] -
2017年5月7日[日]

ヨーロッパの十字路であり、ルネ・マグリットのルーツであるベルギー。
写実と奇想が入り混じったその特異な美術の世界を、15世紀から21世紀までの約120点の作品で通観していく。
近年研究が進んだヒエロニムス・ボス工房の《トゥヌグダルスの幻視》は、日本初公開となる。

美術館狂詩曲――20世紀の痴愚神礼讃

2017年5月21日[日] -
2017年6月25日[日]

ひっくり返った人や動物が空に浮かぶ夢のような光景を描いたマルク・シャガール、恐ろしくも愛らしい者たちが棲まう「すき間」の世界をユーモラスに描いたパウル・クレー、影絵のような画面を怪奇と幻想であふれさせた谷中安規など、理性や科学が幅を利かせた20世紀のものかげで戯れるちょっぴりおかしな美術の世界に分け入る。

KIGI WORK & FREE

2017年7月16日[日] -
2017年9月24日[日]

植原亮輔と渡邉良重が2012年に設立し、現在めざましい活躍をみせるクリエイティブユニットKIGI(キギ)。
企業、ブランド、商品のアートディレクションの仕事とともに、みずからが「プライベートワーク」と位置づけ近年積極的に取り組んできたアートワークを紹介。
緻密なコンセプトと柔軟な想像力が交叉する珠玉のクリエイションに迫る。

エドワード・ゴーリーの優雅な秘密

2017年10月8日[日] -
2017年11月26日[日]

無慈悲なまでにナンセンス、なのに能天気なほどシュール。
怪奇に浸されているのに優雅で、ときにたまらなく不穏でありながら、どうしてか、読むと心がしんみり軽くなる。
「大人のための絵本作家」としてカルト的人気を博するエドワード・ゴーリー(1925-2000)の回顧展。
絵本原画のほか、草稿、書籍など約350点でその魅力を味わい尽くす。

灰野文一郎展

2018年1月28日[日] -
2018年4月15日[日]

灰野文一郎(1901-1977)は大正末頃より宇都宮に在住し、この地の風景や静物など、身近な主題を描いた油彩画を団体展に出品し始める。
やがて1936年には文展鑑査展に初入選を果たした。
戦前から戦後を通して宇都宮や那須、日光の風景など、栃木県の豊かな自然を描き続けた灰野文一郎の回顧展。

 

第1回・コレクション展

2017年4月9日[日] -
2017年8月31日[木]

 

第2回・コレクション展

2017年9月10日[日] -
2017年11月26日[日]

 

第3回・コレクション展

2018年1月10日[水] -
2018年3月29日[木]

 

美術講座

美術やデザインの世界をより深く知るための事業です。

館外プロジェクト

美術館を飛び出して、市内各地でワークショップや作品展示を行います。

森のアトリエ [年1回]

森をキーワードに身近な材料で物づくりをする活動です。

森のコンサート [年5回]

午前11時~正午(開場午前10時30分)

自然観察会 [年5回]

事前申込制 講師:自然観察アドバイザー

トビダス美術館(出張授業) [年10回程度]

市内の小学校・中学校・高等学校を中心に、学芸員が学校にうかがって教師のみなさまといっしょに授業を作り上げます。
お申し込み、お問い合せは「出張授業」担当者まで。
なおガイドブックを発行しておりますのでご希望の方はお申し込みください。

アート・トーク [随時]

学芸員がご指定の場所に出向いて美術・デザインに関するお話をします。
詳しくは「アート・トーク」担当者までお問い合わせください。

スクール・プログラム [随時]

学校などの団体鑑賞の受け入れを行っています。
詳しくはこちら(PCサイト)をご覧になるか、「スクール・プログラム」担当者までお問い合わせください。
なおガイドブックを発行しておりますのでご希望の方はお申し込みください。

企画展ギャラリー・トーク

企画展会期中の毎週土曜日 午後2時[担当学芸員]
※企画展によっては行わない場合や日時を変更することがあります。
※企画展によっては作品解説倶楽部によるギャラリー・トークを行うことがあります。

コレクション展ギャラリー・トーク

毎週火~木曜日・日曜日・祝日 午後2時[作品解説倶楽部]