収集方針と代表的な所蔵品

宇都宮美術館では、「地域と美術」「生活と美術」「環境と美術」を収集方針に、幅広い領域の作品を収蔵しています。

地域と美術

世界の美術

「地域と美術」は、「世界の美術」「日本の美術」「宇都宮ゆかりの美術」から成り、このうち20世紀を代表する巨匠の作品が対象の「世界の美術」は、以下の三つに区分されます。
①美術とデザインを結ぶシンボル作品――ルネ・マグリット
②理念と構成の作家達――絵画における抽象の理念を確立し、理知的、内省的、実験的な作風を示すワシリー・カンディンスキーやパウル・クレー
③色彩と装飾の作家達――写実か抽象かという考え方に囚われることなく、色彩の華やぎ、豊かな線の表現に取り組んだマルク・シャガールやラウル・デュフィ

大家族

ルネ・マグリット 《大家族》
1963年
油彩、キャンヴァス

鎮められたコントラスト

ワシリー・カンディンスキー 《鎮められたコントラスト》 1941年
油彩、キャンヴァス

ピエール・ガイスマール氏の肖像

ラウル・デュフィ 《ピエール・ガイスマール氏の肖像》
1938年
油彩、キャンヴァス


日本の美術

「日本の美術」は、「明治以降の作家達」「明治以降の版画」「ビゴー・コレクション」から成り、このうち「明治以降の作家達」(明治・大正・昭和戦前・昭和戦後以降)には、時代の諸相を映し出すさまざまな作品が含まれます。

明治以降の作家達

横たわる女

黒田 清輝 《夏図習作(横たわる女)》
1892年頃(明治25年頃)
油彩、キャンヴァス

少年肖像

岸田 劉生 《少年肖像(村上巌氏十七歳)》
1925年(大正14年)
油彩、キャンヴァス

仔牛は行きたくない

国吉 康雄 《仔牛は行きたくない》
1922年(大正11年)
油彩、キャンヴァス


街

松本 竣介 《街》
1940年(昭和15年)
油彩、板

Untitled 93-20

辰野 登恵子 《Untitled 93-20》
1993年(平成5年)
油彩、キャンヴァス


明治以降の版画、ビゴー・コレクション

「明治以降の版画」には、明治末期・大正・昭和戦前に興隆した創作版画運動と、1974~2007年(昭和49~平成19年)に活動を繰り広げたリトグラフ工房MMGの刷りによる作品群が含まれます。世界最大級の規模を誇る「ビゴー・コレクション」は、1882~1899年(明治15~32年)の間、日本に滞在したフランス人画家ジョルジュ・ビゴーの作品300点余から成ります。

明治以降の版画(創作版画)

失題

恩地 孝四郎 《失題》
1914年(大正3年)
木版、紙

冬虫夏草

田中 恭吉 版画誌『月映』IIIより《冬虫夏草》
1914年(大正3年)
木版、紙

ビゴー・コレクション

熱海の海岸

ジョルジュ・ビゴー 《熱海の海岸》
あるいは《熱海にて、日本の漁師たち》
1888年頃(明治21年頃)
油彩、キャンヴァス


宇都宮ゆかりの美術

「宇都宮ゆかりの美術」は、宇都宮の出身、あるいは活動拠点が宇都宮の物故・現存作家を対象とします。

矢口 洋
《古いカフェで》
1955年(昭和30年)
油彩、キャンヴァス

米陀 寬
《風》
1988年(昭和63年)
紙本着色