headerbar
収蔵作品
ホーム > 収蔵作品

地域と美術

海外の美術では、ルネ・マグリット、マルク・シャガール、ワシリー・カンディンスキー、パウル・クレーなどの20世紀を代表する巨匠を、日本美術では、明治期から現在に至るそれぞれの時代を象徴する作品を収集しています。また、宇都宮にゆかりの深い作品、「創作版画」にも力を入れています。加えて、明治期に来日したジョルジュ・ビゴーのコレクションも充実しています。

 

生活と美術

宇都宮美術館は、「美術」ばかりではなく「デザイン」の領域も、美術館活動の柱にしています。19世紀末から20世紀後半に生み出された作品を収蔵し、国内有数のコレクションを形成しています。ポスター等のグラフィック・デザイン、ならびに家具、生活用品といったプロダクト・デザインから成るコレクションで、近代デザインの歴史を概観することもできます。

 

環境と美術

「うつのみや文化の森」は、「自然環境との調和」をテーマに、可能な限り、丘陵地の自然を活かしながら整備されました。このような環境のなかに、自然と調和する野外彫刻3点が設置されています。