過去の企画展

2005年度

渡辺安友展
YasutomoWatanabe Retrospective

2006年2月11日 ー 4月16日

きみとぼくとポスター
you & me & poster

2005年11月3日 ー 2006年1月22日

版画に見る印象派 陽のあたる午後、 天使の指がそっと…...展
Euvres gravées des inpressionnistes:
exposition "Aprés-midi ensoleillé, un ange effeure du doigt..."

2005年11月3日 ー 2006年1月22日

構造社 ―昭和初期彫刻の鬼才たち

2005年9月11日 ー 10月23日

棟方志功展
大原美術館棟方コレクションと栃木県ゆかりの美術
ShikoMunakata Retrospective

2005年7月23日 ー 8月28日

全館コレクション展re-collection
[雲の晴れ間のトッカータ]
collection――re-collection
Toccata in the Fine Interval

2005年6月5日 ー 7月10日


2004年度

バロック・ロココの巨匠
天才たちの競演
BAROQUE AND ROCOCO PAINTINGS:
CENTURIES OF THE GENIUS

2005年3月27日 ー 5月22日

松本哲男展
世界三大瀑布完成を記念して
TETSUO MATSUMOTO

2005年1月7日 ー 3月13日

妖精がささやくとき

2004年10月10日 ー 12月12日

丑久保健一展
Kenichi Ushikubo

2004年10月10日 ー 12月12日

香合の美展
カナダ・モントリオール美術館所蔵
クレマンソー・コレクション
Kogo from the Georges Clemenseau Collection

2004年7月18日 ー 9月26日

おしゃべりな絵
長新太展

2004年7月18日 ー 9月26日

第1回宇都宮エスペール賞
「高橋靖史 空間の母型」展
Yasufumi Takanashi, The Matrix of Space

2004年6月6日 ー 7月4日

谷中安規の夢
シネマとカフェと怪奇のまぼろし

2004年6月6日 ー 7月4日

職人であり続けたオランダ人デザイナー、
リートフェルトのイスと家(うち)
GERRIT THOMAS RIETVELD

2004年3月28日 ー 5月23日


2003年度

矢口 洋展 ―絵のことは、絵をもって語れ―
Retrospective Hiroshi Yaguti

2004年1月7日 ー 3月14日

多田北烏とその仕事
HOKUU TADA Works of a Designer

2004年1月6日 ー 3月14日

上村松園展
珠玉の美人画―その誕生の軌跡

2003年10月26日 ー 12月7日

ヨハネス・イッテン 造形芸術への道;
JOHANNES ITTEN WEGE ZUR KUNST

2003年8月24日 ー 10月13日

夏のワークショップ+展覧会

2003年7月23日 ー 8月31日

鉄腕アトムの軌跡展
空想科学からロボット文化へ 1900-200X

2003年7月13日 ー 8月12日

生誕120年
マリー・ローランサン回顧展
Marie Laurencin: A Retrospective

2003年5月31日 ー 7月6日


2002年度

名づけえぬもの
-アメリカ・インディアンの手仕事―

2003年3月23日 ー 5月18日

第2回宇都宮美術の現在展
The present Art Scene of Utsunomiya

2003年1月19日 ー 3月9日

雑誌と装丁本の変わり種・戦前篇
―大正・戦前昭和の世相とデザイン―
Prewar Japanese Magazine from the Museum Collection
Rare Magagines of the Moving Age

2002年11月17日 ー 12月23日

クリストファー・ドレッサーと日本
―ヴィクトリア朝イギリスと明治日本を結ぶ産業工芸の世界―
Christopher Dresser and Japan

2002年11月17日 ー 12月23日

モダニズムの至福のとき
いわき市立美術館名品展
Vitality in Modernism
Collection from Iwaki City Art Museum

2002年9月15日 ー 11月4日

スーラと新印象派
GEORGES SEURAT
et le Néo-Impressionnisme 1885-1905

2002年7月21日 ー 9月1日

茶谷正洋
オリガミックアートの世界

2002年5月26日 ー 7月7日

極東ロシアのモダニズム1918-1928
―ロシア・アヴァンギャルドと出会った日本―
Modernism in the Russian Far East and Japan 1918-1928

2002年5月26日 ー 7月7日


2002年度

ジョージ・シーガル展
GEORGE SEAGAL
Retrospective from the Artist's Studio

2002年3月16日 ー 5月12日

日本の版画1921-1930
都市と女と光と影と
2002年1月6日 ー 2月24日

香のデザイン
―女性をめぐる生活史と香水文化―
Perfume and Design
ELEGANCE OF MODERN LIFE STYLE

2001年10月7日 ー 12月16日


2001年度

有元利夫展 花降る時の彼方に
TOSIO ARIMOTO

2001年10月7日 ー 12月16日

開館5周年記念彫刻展
ヴァイブレーション-結びあう知覚
VIBRATION
EXPRESSIVE POWERS OF SCULPTURES

2001年7月29日 ー 9月24日

日本アニメの飛翔期を探る
The Wonderful World of Japanese Animation Culture

2001年6月10日 ー 7月15日